レスポンシブデザイン

時代に合わせたデザインを目指して

全ての端末で適切なデザインを

ガーラでは、レスポンシブデザインを設計に入れたホームページ制作プランをご提案しています。
例えば、飲食店や美容院など、スマートフォンからのアクセスが多いホームページは、レスポンシブデザインに対応していないと集客効果が弱まり、せっかく作ったホームページが無駄になってしまいます。
お客様によっては必要ない場合もございますので、アクセス解析やターゲットの設定を行い、どうすべきか考えます。

 

レスポンシブデザインって?

レスポンシブデザインとは、表示する端末によって自動的にデザインを適切なものに切り替えてくれる技術です。
これによって、端末によって見にくい・見えない、というストレスを解消でき、集客効果を高めることができます。
Googleの推奨している技術で、近いキーワードで検索されたときにより、上位に表示されやすくなります。

ホームページ制作

主なメリット

レスポンシブデザインに対応するにあたっての主なメリットをご紹介します。

  • 1つのHTMLファイルのレイアウトを自動的に変更して表示しているので、端末によって情報が違う・テキストや画像が見にくい、という可能性を減らすことが出来ます。
  • ホームページ制作後の更新管理が容易になり、迅速な対応が可能です。
  • お客様のホームページを訪問した方にがどんな端末でも適切なデザインを表示することができます。

主なデメリット

非常に便利なレスポンシブデザインですが、全てが良いということはありません。主なデメリットをご紹介します。

  • スマートフォンからのアクセスが少ないお客様にとっては、費用をかけてレスポンシブデザインにする必要がない場合があります。
  • 制作後の更新は容易になりますが、ホームページを公開するまでの作業工数が多くなり、結果的に費用も多くかかってしまいます。
  • ページにアクセスされた際に、ほかの端末用の設定も同時に読み込むため、わずかに表示が遅くなります。